局長の四象八牛です。

今年は7月に転職した影響で、9月の訪中、三国志遺跡巡りは叶わず。10月末に1泊3日でちょっとだけ行ってきましたが、遺跡巡りはできていません。毎年「今年こそは日本で正月を過ごしたい」と思っているのですが、休みがあればどこかへ行きたくなってしまいます。年末年始は7日間、実質中5日で三国志遺跡巡りをするつもりです。

とりあえず9月の飛行機チケット、ピーチは手数料を払えば変更できるので変更しました。春秋航空はキャンセルして買い直しです。まあ、春秋航空も運賃と手数料以外は返金してくれますんで、無駄になったのは1,500円くらいですかね。

手配した航空券は以下のとおり。往路はピーチ、復路は春秋航空を利用します。相変わらずLCCにしか乗られないのですが、以前と比べて荷物もかなり減りましたし、特に不満も感じないので利用を続けています。

12月28日 MM063 関西空港(08:20) – 香港機場(11:45) 総額13,760円 + 差額12,840円
12月28日 UO1226 香港機場(19:20) – 寧波櫟社(22:00) 総額HKD353
1月3日 9C8601 上海浦東(10:40) – 中部空港(14:00) 総額8,549円

中5日しかないですし、上海OUTですので、浙江省を中心に回ろうかと考えています。香港から深圳に入り、列車で杭州まで行こうかと思っていたのですが、28日は水曜日なので夜行寝台動車がありませんね。それならと思い香港から直接浙江省の寧波へ飛ぶことにしました。香港エクスプレスの路線がありますからね。運賃はHKD98、諸税HKD255です。

行程は以下のように考えています。どうしても中5日なので、行ける範囲は限られてしまいますね。やはり10日間くらいは欲しいとろこです。まあ、それはまた次回ということで。

香港~寧波~杭州~海寧~嘉興~平湖~上海~如皋
~南京~蘇州~上海

とりあえず今回は、列車の切符の手配は前日くらいでもいいかなと。隣町への移動はバスを利用するとか。目的の三国志遺跡も特にこれはというものではないので。

そうそう、元許昌支局の開封太郎は、また蘇州へ戻りました。仕事の量は増えていないらしいですが、休みが減っているとか。まあ、また取り留めのない話をしてきますかね。

icon-tag追記 2016/12/25

開封太郎先生が年末に一時帰国することになり、蘇州で会う話は消滅。ということで、蘇州には寄らないと思います。来年1月末にオフ会もありますんで、そちらで。

icon-check気に入ったらポチっ!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0にほんブログ村Share on Google+0

この記事を書いた人

四象八牛
四象八牛三国志旅游局日本局長