局長の四象八牛です。

久方ぶりの三国志遺跡巡り、12月はかなり忙しく疲れが溜まっていたので、どうなることやらと思っていましたが、なんとか計画通りにこなして無事に帰ってきました。やはり遺跡巡りの旅は楽しいです。一つ心残りなのは、今回は7日間しかなかったこと。実際に遺跡巡りできるのは中5日だったので、ちょっと物足りなかったかなと感じています。

icon-tag20161227日 日本

27日退勤後に出発です。今年は勤務カレンダーを作った際、間違えて28日を休みにしてしまったのだとか。それでいつもより1日多い年末年始休暇になったのだそうです。来年も1日と言わず、5日間くらい間違えてくれると嬉しいのですが。

とりあえずいつもと同じようにJRを利用します。今回は新今宮でホテルを予約しておきました。もうそろそろ空港で一晩を明かすには辛い歳ですからね。金沢で特急サンダーバードに乗り込むと、強風のために湖西線を走行できず琵琶湖線経由になるとのこと。これで到着が遅れることが確定です。少しでも遅れると最終の関空快速に乗り継ぎできないんですよね。

まあ、今回は新今宮で1泊しますから、関空快速に乗られなくてもいいんです。と、余裕をかましていたら列車が40分以上も遅れて、ホテルの最終チェックイン時間に間に合いそうにない。まったく、最近JRの特急に乗る度に遅延ばかりしています。ホテルに到着、まだフロントが開いている時間だったので、なんとかチェックインはできました。もうシャワーを浴びてすぐに就寝します。おやすみなさい。

寝るだけなので安いホテルです。

icon-tag20161228日 日本~香港~寧波

朝5時に起床。新今宮から天王寺へ向かい、そこから関空快速に乗り込みます。そして関空に到着。搭乗するのはピーチですから、ターミナル2へ移動ですね。さっそく自動機を使ってチェックインします。

やっと出発ですねえ。

セブンでちょっと朝飯を買って、食べました。セブンもけっこう混んでますね。まあ、ピーチの国内線に乗る人も多いようです。そして出国審査などを受けて、待合ロビーへ。国際線も台湾へ行く人たちなどで混雑しています。

10月に続いてピーチです。

今回はもともと9月に乗る予定でチケットを買っておいたのですが、7月に転職したため旅に出られず。ピーチは差額と手数料を支払えば便の変更ができるので、年末の便に変更しました。行き先が上海周辺になったので、香港まで行く必要がないんですがね…。まあ、今回はこれでよしとしましょう。

MM063 大阪関西(08:20) – 香港(11:45)

そして4時間強の飛行時間、いつもながら永遠とも思える時間を過ごします。座っているだけだと気が狂いそうです。飛行機はほぼ定刻で香港空港に到着。入国審査も終えて、ロビーで一休みです。香港は人も多くて、クリスマスの飾り付けも華やかですねえ。

年末ですねえ

さて、先にモバイルルーターの設定をしますか。今回も聯通香港の中港7日上網卡を使うのですが、NECのモバイルルーターで使うことにします。まあ、SIMカードを挿し込んで、APNを設定するだけで使えるようになりました。中港7日上網卡は香港のSIMですから、香港にいる間は国内設定ですね。ちなみに今回は3Gの方を使ってます。4Gは次回から。

通信開始です

あとは何をしましょうかね。今晩の香港エクスプレスで寧波へ飛ぶんですが、まだまだ時間があります。やっぱ尖沙咀へでも行きますかね。両替と暇つぶしに。いつものA21バスに乗ります。おゝ、ここもけっこう長蛇の列です。いつもなら5人くらいしか居ないのに。

前方に人、ひと、ヒト

さてと、尖沙咀に到着。まずは重慶マンションで両替です。相変わらず怪しさ満点。入口ではゲストハウスの客引きがたむろしています。重慶マンションによく泊まっていたのは2012年頃だったかな。とりあえずいくつも並んだ両替店のレート掲示板を見ながら、一番いいレートの店を探します。

どの店で両替するかな

まずは日本円を香港ドルに換えます。ダメリカのトランポリンが次期大統領に決まってから、円安方向になっちゃいましたね。一番いいレートが0.0659のようです。同じレートなら店員が中国系の店へ行ってしまいます。やっぱ英語が苦手なんでね。今回は60,000円を両替しました。

JPY60,000 × 0.0659 = HKD3,954

そして香港ドルを人民元に換えます。一番いいレートは0.901かな。とりあえず3,000元にしておきますか。これで計算するとCNY1がJPY16.84くらいですか。10月に比べると1円以上の差がありますね。でもやっぱり人民元が下落しているんでしょうか。円安の割にはそんなに悪いレートじゃないと思います。街中にある他の両替店だとかなり悪いレートが掲示されてますんで、そちらだともっと差がでるんでしょうね。

HKD3,330 × 0.901 = CNY3,000

重慶マンションをうろついていると、インド系のレストランがたくさんありますね。一度は食べてみたいと思うものの、なかなか四象の怪しい英語を使ってまでと…。いずれ、英語がペラペラな人と訪れてみたいなという他力本願しか考えていません。

不思議な香りが漂ってくる

さてと、星碼頭あたりまで散歩でもしますか。美術館だっけかな、工事中ですね。1881の前には大きな雪だるまが。これはスノーマンって呼ばないとダメなのかな。まあ、いいや。

雪だるまです

うん、まあ、もうこれと言って目的もないので、ダラダラとしています。もう空港に戻ってちょっと腹ごしらえをしておきますかね。尖沙咀からまたA21バスに乗って空港まで。途中で大きなバッグをいくつも抱えて乗ってくる人ばかり。バッグ置き棚も満杯で、バスが揺れると棚から落ちてきます。するとバスの運転手がキレキレになって、荷物を放り投げて戻してます。さすが香港です。

空港でワッパー食います。これから飛行機に乗って寧波に着くのが遅い時間になるので、着いてから食べに行くのが面倒ですしね。ここで食べるほうが選択肢もあるし。まあ、いつもながらのジャンクですけど。店員が欧米系だったんですが、中国語で言ったら通じました。「你是大陸人嗎?」とか聞かれましたけど、四象は日本人です。

ワッパーですワッパー

さてさて腹も一杯になったので、香港エクスプレスのカウンターで搭乗手続きをして、出境審査を済ませます。日本線だと荷物の重さに厳しい香港エクスプレス、寧波線だとゆるゆるです。それどころか大きなバッグは無料で預け荷物にしますよとか…。まあ、そんなもんですかね。

なぜ寧波に飛ぶのか。今回は都合で香港から入ってしまったので、上海周辺の街へ安く行く方法を考えていたら、香港エクスプレスの寧波線が一番安そうだったんで。込み込みで4,500円くらい。深圳に入って夜行寝台動車も考えたんですが、運転のない日だったし、それでも杭州までは10,000円くらいかかるんですよね。

寧波行きに乗り込みます

UO1226 香港(19:20) – 寧波櫟社(22:00)

さてと、なんとか無事に寧波に着きました。入境審査で係官に「今回はどれくらい滞在するのか」と聞かれました。まあ、中国のイミグレでは余り質問されることはないんですけどね。「1週間くらいだよ」と答えると、すぐにスタンプを押してくれました。

寧波櫟社機場に到着です

ホテルはCtripで空港のすぐ近くのホテルを予約しておきました。ちょっと予約するまでウダウダしていたら、安い部屋がなくなっちゃったんですけどね。まあ、これから街中まで移動するのも嫌なので。徒歩10分弱でホテルに到着。もっと寒いかなと思っていたんですが、そんなに寒くありませんね。

設備は一般的かな

最近は、予約したホテルに着いてから「外国人お断り」をされるのが嫌で、最初からちょっと高くても宿泊できそうなホテルを選んでます。以前なら必死になって安いところを探していたんですけどねえ。今は金より時間と体力温存が大事になってきました。

ちなみにNECのモバイルルーターに入れた中港7日上網卡ですが、中国に入ったので国際ローミングの方に切り替わります。このモバイルルーター、国内設定と国際ローミング設定で2つのAPNを入力するようになってます。どっちとも同じAPNを入れておけば、中国に入っても問題なく通信できます。

さてと、明日からは三国志遺跡巡りが始まりますよ。久々ですねえ。楽しみですねえ。それでは、おやすみなさい。

icon-check気に入ったらポチっ!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0にほんブログ村Share on Google+0

この記事を書いた人

四象八牛
四象八牛三国志旅游局日本局長