局長の四象八牛です。

7月の陝西突撃旅が終わりました。次はいよいよ「武漢おにぎりオフ」の開催ですね。6月末から参加される方といろいろ相談し、プチ遺跡巡りの行程も決めました。その結果、武漢オフと言うよりは、赤壁オフになってしまった感もあります。

とりあえず四象は、関空から武漢へ飛ぶことにします。日程に合わせて航空券を探してみると、東航が思いの外安かったので購入しました。春秋航空だと内陸線は毎日便がない、チケット販売の始まる時期が遅いということで、選択から外れました。他の参加者は、関東からですから、成田発着便を使われるようです。

9月15日 MU730 関西空港(09:40) – 上海浦東(10:45)
9月15日 MU2692 上海浦東(14:00) – 武漢天河(16:10)
9月18日 MU517 武漢天河(07:25) – 上海浦東(09:00)
9月18日 MU747 上海浦東(12:15) – 関西空港(15:40)

武漢~赤壁~洪湖~監利~武漢

今回はホテルもすでに予約しました。やはり参加者と相談の上で、みな同じホテルで宿泊することにし、四象がCtripでまとめて予約を入れました。武漢と赤壁で宿泊です。

16日、17日のプチ遺跡巡りに関しては、西安金橋の倪さんに依頼し、車をチャーターすることにしました。参加者が多くなってくると、どうしても移動などに手間取ることが多くなるので、この際チャーター車で御大尽旅行を楽しみたいなと。

行き先は、赤壁古戦場、烏林古戦場周辺、華容古道などです。ツアー旅行ではなかなか行く機会のない場所が多くなっています。まあ、行っても石碑くらいしかないので、想像力を逞しくしないと辛い場所でもありますが。

チャーター車にまだ余裕があるので、参加者を追加募集しています。とりあえず武漢まで来られれば、あとはなんとかなりますので、どうでしょうか。

2017年9月武漢オフ計画

また出発までにいろいろと追記していくつもりです。

icon-tag追記 2017/07/04

今回も日本で人民元を手配しました。今回は中国の市中銀行で両替する時間もありそうなのですが、やはり面倒だしレートもよくないので、某サイトで。

申し込み当日のレートですが、ざっと計算するとこんな感じ。準備したのは4,500元です。

為替中間 1元 = 16.610 / 74,745円
某サイト 1元 = 17.146 / 77,155円(送料込み)

また某サイトを利用したのですが、今回は中間値が前回より低かったのに、販売されているレートが高くなっていました。このところの元高傾向の影響でしょうかね。某サイトが人民元を準備したときのレートが高かったからでしょうか。これくらいだと中国市中銀行で両替するのとあまり変わらなくなってきます。ただ時間の節約を考えると、日本で準備できる方がいいですけどね。

icon-checkちょっとお知らせ

2017年9月30日に、三国志旅游局から三国遺址探訪叢書「蜀漢咽喉・漢中」という書籍を発行しました。陝西省漢中市および勉県に残る三国志遺跡18ヶ所をまとめた書籍です。興味のあるかた、これから漢中へ行ってみようと思われている方は、是非ご購入ください。

BOOTH 三国志旅游局「張飛齋」でも通販しています。

三国遺址探訪叢書「蜀漢咽喉・漢中」

icon-check気に入ったらポチっ!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0にほんブログ村Share on Google+0

この記事を書いた人

四象八牛
四象八牛三国志旅游局日本局長