局長の四象八牛です。

今回は、武漢でオフ会をすることがメインでした。そのついでとして、車をチャーターして赤壁周辺を巡ってきましたよ。現地で留学しているおにぎり君と一緒に白酒を飲んで、楽しみましたとさ。今回は、旅日記を書くつもりではなかったのですが、せっかくなのでまた書いておくことにします。

icon-tag2017914日 日本

四象の実家からは、名古屋の方がアクセスがよいとわかってからは、名古屋発着をメインにしようとしています。しかし今回の武漢への航空券は、その前に購入していたので、大阪の方からの発着になります。14日退勤後、JRで大阪へ向かいました。そして新今宮の安ホテルに宿泊です。とりあえず今回は、JRも遅れずにホテルまで順調にたどり着きました。ここは安い宿が多いので、旅行で日本を訪れている外国人も多く見かけましたよ。

普通列車に乗り込んで、ビールを飲む

新今宮の安ホテルで宿泊です

心配なのは、台風が経由地の上海に近づいていること。でもどんどんと進路を東に向けていますので、明日の飛行機はなんとか飛びそうです。それでは、おやすみなさい。

icon-tag2017915日 日本~上海~武漢

いつもはフライトの2時間前には空港に着くようにしているのですが、今回はちょっと30分遅らせました。ちょうどいい時間の関空快速がなかったということもあるのですが、関空やセントレア出発だと、そんなに混雑していない気がするんですね。まあ、余裕をかましていると痛い目にあうのでしょうけど。

なにごともなく関空に到着

今回も中国東方航空を利用します。早めにチケットを買うと、けっこう安いんですよね。LCCを選択する意味が無いくらいに。そして便数が多いですから、都合のいい日と時間を選べるんですよね。春秋航空も安いは安いんですが、毎日便がないとかだったりします。それだとやはり都合が悪いんですよ。

とりあえずチェックインはすでに始まっているので、手続きを済ませました。ネットで座席指定をしておいたので、そのまま発券されてお終い。経由地の上海までのパスと、上海から武漢までのパス2枚を発券してくれました。これで上海ではチェックインをしなくてもいいですね。

ボーディング・パスを2枚貰いました

さて、もうちょっと時間があるので、朝飯でも食いましょうかね。すき家の牛丼…。そして売店でお土産用の小物を買いました。オフ会でおにぎり君が中国人の学生を連れてくるらしいので。

ガッつり食っておきます

そして出国手続きも済ませ、飛行機に乗り込みました。ほぼ定刻のようです。東航、いちおうLCCじゃないので機内食も出ます。中国国内線だとすごいものが出てきたりもしますが、今回は普通。内容を見ると日本で作られたもののようですね。まあ、暇な時はなにか食べていると落ち着きますからね。その分、LCCに比べて気分が楽です。はい。

9月15日 MU730 大阪関西(09:45) – 上海浦東(10:45)

メインはチキンだけで、選択はできなかった

そして上海浦東に到着しました。いつも激混みですからね。着陸してからのタキシングも延々と続きます。30分はかかるんじゃないでしょうか。そしてターミナルから離れた場所で駐機して、バスで入国審査場まで移動です。タラップを降りると、風が少し強かったですが、やはり台風の影響ですかね。大きな空港は時間がかかります。入国審査もちょうどピーク時で、かなり並びました。

そしてトランジットの方へ

また安全検査を受けて、国内線の搭乗口へやってきました。何か食べようかと思っていたのですが、国内線の方には食べ物の店があまりなく。国際線だとバーガーキングとかあったはずなんですけどね。結局、何も食べずに次の飛行機に乗ることに。せっかく乗り継ぎ時間を3時間とっておいたのに…。

武漢へ行く飛行機に乗り込みます

9月15日 MU2692 上海浦東(14:00) – 武漢天河(16:10)

武漢行きの飛行機に乗り込みます。風がまた強くなってきましね。でも飛行機が飛べないほどではないようです。とりあえず機内食は、普通に出ましたし、普通に食えました。飛行機に乗っているときは、これだけが楽しみ。あとはウトウトしたり、窓の外を眺めたりですかね。

飛行機からの眺め

さてと、特に何事もなく武漢に到着しましたよ。定刻より30分ほど早かったです。今日は、ここで今回のオフ会に参加するはな局員とマコさんと合流します。2人は成田から直行便で武漢へ飛んできます。もうそろそろ到着しますかね。武漢天河機場は、新しく完成したT3ターミナルがオープンして、今は全ての発着がこのターミナルになっています。でも、お店などはまだ改装中のところも多くて、あまり面白くなかったですね。

国内到着から国際到着の方へ移動して待ちます

到着時刻案内を眺めていると、2人の乗った飛行機も到着したようです。国際到着の出口のところで待ちます。しかし、ちょろちょろと人が出てくるものの、2人はなかなか出てきません。もう40分は待ったでしょうかね。あゝ、やっと出てきましたよ。聞いてみると、預け荷物の出てくるのがすごく遅かったとのこと。どうも新しいターミナルのバックヤードがダメダメのようですね。

誰かさんのスーツケース

今回のオフ会、もう1人日本から参加されるのですが、夜到着の飛行機ですので、まずは3人で漢口のホテルまで移動します。T3ターミナルは、武漢の地下鉄に続いているので、便利なのは確かなんですけどね。もうちょっと時間が経てばよくなるのかな。

地下鉄の方へ進んでいきます

そして四象は、はな局員のスマホの設定をさせられました。同じAndroidなんですけど、メーカーが違うとUIもかなり違うんですよね。中国でもTwitterなどにアクセスするために、聯通香港の中港7日を使っています。どうもローミングの設定がされてなかったようで。

それはさておき、漢口火車站に到着しました。地下鉄は安いんですが、移動時間はちょっと長くなってしまうようですね。時間帯にもよるんでしょうが、タクシーでぶっ飛ばすのが早いかも。とりあえず漢口火車站のすぐ近くにあるホテルにチェックインしましたよ。

部屋はこんなもんかな

そしてロビーには、武漢に留学中のおにぎり君。これからみなでプレオフの夕食でも行きますかね。すぐ近くにあった川菜のお店にしました。見た目は、まあまあなんですが、味の方は今一つでしたかね。まあ、四象はおにぎり君と白酒を飲みました。でも注文した「関公坊」という白酒、おにぎり君は好きだそうですが、四象は香りの強いのがダメ。2人で半斤も飲まなかったような。残った白酒は、おにぎり君がお持ち帰りです。

見た目は豪華なような

まだ時間も早いので、ちょっと茶でもしばこうということで、星巴克へ行きましたよ。自分の注文は自分でということで、お任せ。まあ、筆談でもなんでもやってみればいいことです。間違えたって何も恥ずかしいことはないですから。いつまで経ってもできない方が恥ずかしいですよね。

四象はキャラメルなんとか

おにぎり君は、中国滞在者っぽくスマホで支払おうとしましたが、この星巴克ではまだできないとのこと。ふふふ、足元を掬われるとはことこと。ここは赤ハゲ現金ですよ。しばらく4人でだべっていましたが、店員が「10時半で閉店です」とふれまわってます。ようするに「もう帰れよ」ですね。

さてと、四象はこれからもう1人の参加者を迎えに空港まで行きます。はな局員とマコさんは、おにぎり君に任せて、ホテルまで送ってもらうことに。四象は、地下鉄に乗り込みました。終電の1本前ですかね。とりあえず空港に着きましたよ。

もう1人の参加者は、おももさん。本来ならもっと早く武漢に到着の予定だったのですが、武漢空港のT3ターミナル稼働の煽りを食って、上海からの飛行機が変更になり、遅くなってしまったのです。もう利用者のことを考えずにイケイケドンドンですからね。でもこうじゃないと物事は進んでいかないと思います。

それはさておき、おももさんの乗った飛行機もすでに到着しているのに、なかなか出てきませんね。やっぱりあれですかね、また預け荷物の出て来るのが遅いと…。ま、しばらくするとおももさんも出てきました。とりあえず無事到着でなにより。

これから漢口のホテルまで行くのですが、地下鉄はすでに終電も出てしまっているので、タクシーかな。でも外にはリムジンバスも停まっていたので、そっちへ行ってみると、まだ運行しているようで。チケットを買って乗り込みました。バスの中はちょっと蒸し暑いですね。中国人が「エアコンつけろよ」と叫んでいます。でも発車すると冷たい風が吹き込んできて、一挙に涼しくなりました。

リムジンバスは30分ほどで漢口火車站近くに到着。おももさんをはな局員の部屋まで連れて行って、これで四象の任務は完了。ちょっとコンビニで冷たい飲み物を買って、自分の部屋に戻って就寝です。いやあ、長い1日でした。

なにかと話題のレンタル自転車ですが、山積み放置です

翌朝からは、チャーターした車で三国志遺跡巡りですよ。とにかくおにぎり君が遅れてこないかだけが心配です。本人は「山を降りる時間が」と言い訳するのですが。それはさておき、これにておやすみなさい。

icon-checkちょっとお知らせ

2017年9月30日に、三国志旅游局から三国遺址探訪叢書「蜀漢咽喉・漢中」という書籍を発行しました。陝西省漢中市および勉県に残る三国志遺跡18ヶ所をまとめた書籍です。興味のあるかた、これから漢中へ行ってみようと思われている方は、是非ご購入ください。

BOOTH 三国志旅游局「張飛齋」でも通販しています。

三国遺址探訪叢書「蜀漢咽喉・漢中」

icon-check気に入ったらポチっ!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0にほんブログ村Share on Google+0

この記事を書いた人

四象八牛
四象八牛三国志旅游局日本局長