四象局長や太郎先生の大陸移動と言語スキルのお陰で、何不自由無い遺跡巡りを送らせて頂いている中、中国の人たちの優しさや人懐っこさのようなものに、直に触れられる機会がありました。

何かあると「ちょっとお茶でも飲んでいけ」と招き入れてくれるその姿は、自分の中の大陸に対して持っていた少し怖い、得体の知れない何かとは掛け離れていて、言葉の分からない異国の地ながらも、その世間話をしている姿を横目に、緊張がほぐれていったことを思い出します。

旅先で出された一杯

旅先で出された一杯

本当に安価な、きっと路面で剥き出しの姿で売られているような、普段使いのお茶だったと思います。でも、その一杯がとても印象深かったこともあり、今回はテーマを「ちょっとお茶でも飲んでいけ」として、旅先で頂いたお茶や自分の普段使いのお茶を持ち込み、気軽に飲んで頂ければと思った次第です。

局長は運良く捕まえられたら、白茶と共にお迎えすることもあるかも知れません。この辺りも一期一会の旅巡り感覚です。以下、概要になります。

【花々游茶について】

⚫︎ウェルカムティー
2016年3月の旅で訪れた潮州の茶農家さんから頂いた「烏崠単叢 鴨屎香」をお出しします

こちらはサービス(無料)となります。名前は少々あれですが、「美味しいからそのくらいの名前を付けて、逆に手を出させたくない」という、逆説的な意味合いを持つお茶です。
※大変恐縮ですが、メインメニュー購入者へのサービスとなっております。ご了承ください。

⚫︎メインメニュー
500円で2〜4種類のお茶(ちょっとしたお茶菓子付き)をお出しします

簡単な茶譜(メニューリスト)をベースに、飲みたいお茶をひとつ言って頂ければ、そちらを出させて頂きます。お任せの場合はお話を伺いつつ、こちらで組み立ててお出しします。売り切れの際は、ご容赦下さい。

お茶数の増減は、その時の同席者数(着席最大4名予定。立ち飲みでも宜しければ、都度対応させて頂きます。)、場の雰囲気、お急ぎか否かなどで流動的です。お急ぎでなければ、またはご希望であれば、ウェルカムティーも含め、最大で5種類はお召し上がり頂けるかと思います。

一応の目安の時間は、早くて30分〜遅くて1時間半程度ですが、茶席ではないので時間制限を設けてはおりません。近所のオネーチャンに「茶でも飲ませろ〜!あと茶菓子!」といった体でお越し頂ければ幸いです。

この手のそれっぽい茶席の形にはならないと思います

この手のそれっぽい茶席の形にはならないと思います

≪ 現時点での茶譜 (一部予定/入れ替えや増減あり) ≫
・阿里山金萱茶 ・春韻金糸四季春茶 ・翠峰高山烏龍茶
・桂花木柵鉄観音 ・猴子摘鉄観音 ・東方美人茶王
・2015年品評会受賞 文山包種茶 ・2015年品評会受賞 梨山烏龍茶
・宋種単叢蜜蘭香 ・烏崠単叢鴨舌香 ・鳳凰単叢花香茶
・香満天岩茶 ・黄観音岩茶 ・福建大白茶餅 ・白牡丹茶
・有機頂級紅玉紅茶 ・金駿眉紅茶 ・西湖工夫紅茶 ・宣興紅茶 ・祁門紅茶
・信陽毛尖 ・六安瓜片 ・明前安吉白茶 ・明前西湖龍井 ・雨前翁家山龍井

⚫︎購入特典について
旅游局のくじ引きの空くじ5枚(500円)以上をお持ちの方、神崎さんの旅本を500円以上、または拙著写真集をお買い上げの方は、ご希望があれば上記と同じ条件で、無料の形でお出し致します。(着席前に空くじ、または購入した本をご提示下さい)

参考までに都内で飲む場合、1種900〜2,000円ぐらいで出す感じのお茶になります。そもそも損はありませんが、2種類でも損はさせないように値段配分を考えますので、運試しのつもりでいらして下さい。

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

icon-check気に入ったらポチっ!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0にほんブログ村Share on Google+0