局長の四象八牛です。

寒くなってきましたね。でもまだ雪が積もるほどには降っていません。まあ、ここはどうも天気予報の地点とはずれているらしく、予報を見てもいつも当たらないんですよ。このまま雪が積もらなければいいんですけどね。明日は会社の食事会だそうで、この時期の牡蠣を食べに行くらしいんですが、四象はそんなもの食わないですから…。

icon-tag201612日 上海

今朝はホテルでゆっくりまったり。旅の予定はだいたいいつも余裕を見てあるので、移動がうまくいけば時間が空くんですよね。まあ、上海では買い物をしたかったので、ゆっくりと街へ出てみますかね。

8号線の中興路

10時過ぎにホテルを出て、地下鉄8号線の中興路まで歩きます。ここから二駅で人民広場ですよね。まあ、上海で出歩くといったら、南京東路くらいしか知らないお上りさんですから。先に福州路の上海書城へでも行ってみますか。

福州路の上海書城

上海書城、2日は平日だからなのか人出も少なかったですね。一番上から下までぐるっと回ってみました。でも出版不況は中国でも同じなんでしょうか。書籍の数も以前に比べると減ってきているような気がします。歴史とか地理などの興味のあるエリアへ行ってみるのですが、これと言った書籍もないですね。以前なら地図冊を山ほど買っていたのですが、今は百度地図があるし、重い地図冊を持ち歩くことはなくなってしまいました。

替わりと言ってはなんですが、久々に音楽CDを買いました。90元。まあ、これは正規版なんでしょうけどね。以前は音楽CDなんて5元くらいだったような。今じゃ海賊版を売っている場所もほとんど見かけませんね。

さてと、南京東路へ行きます。同僚から筆を買ってきてくれと言われていたんですよ。まあ、それなりの筆が売っているのかなと思い当たる場所は、南京東路の朶雲軒。そこで湖筆のセットを買いました。まあ、なんか箱の方が高そうに見えるんですけどね。

文房四宝や茶器も売ってます

他にも茶器などが売られているのですが、紫砂の茶壺なんかびっくりするくらいの値段なんですね。まあ、場所が場所だけにボッタも入っているんでしょうけど、半額だとしても高いです。茶器は他の場所で見るつもりなので、ここでは買いません。いや、買えません。

さてさて、お昼になりましたんで、何か食べておきますか。まあ、またカレー星人になろうかと、すぐ近くのココイチに行きました。そしていつものカツカレー。昨晩とは違う店舗なんですが、ここも味が落ちていますね。ということは工場での質を落としてしまったのか。残念だなあ。

カレー星人ですから

とりあえずお腹いっぱいになりましたんで、ホテルに一度戻ります。ちょっと荷物があるので、それを置いてからまた買い物に。今度はホテルから近い大寧国際茶城へ行くことにします。近いと言ってもバスに乗りますけどね。ホテルからは徒歩を含めて15分くらいでしょうかね。

大寧国際茶城です

去年あたりから中国茶の味を覚えたので、今回は茶器を買いたいなと思ったわけです。茶葉は去年深圳でたくさん買っていたのですが、いかんせん茶器がないと飲めませんのですよ。まあ、日本にあるもので代用はできるのでしょうけどね。

茶葉のお店がいっぱい

中に入ると茶葉を売る店がたくさんならんでいます。でもやはり場所柄でしょうかね。龍井とか碧螺春などの緑茶系が多いかな。あとは安渓鉄観音、安吉白茶とか。単叢のお店もあるにはあるのですが、どこも閉まってますね。

とりあえず今回は茶葉を買わずに、茶器を買います。蓋碗と茶杯が欲しいんですよ。何件かお店を回って見てみるんですが、手頃な値段のものはやはりイマイチというか。いいなと思ったものは、値段を聞いてビックリとか。紫砂の茶壺はやはり高いし。茶盤も欲しいんですが、これは手にとってみるとかなり重い。今回は蓋碗と茶杯だけかな。

さすがにウン千元もするものは買えないので、手の届く範囲で気に入った物を買いました。それでも手持ちじゃ足りないので、ATMで金をおろしてきましたよ。まあ、たまにはいいでしょう。日本じゃなかなか中国茶器を品定めして買う機会もないので。

あとは安い公杯などをちょろっと買ってお終い。蓋碗を買ったお店で台湾の茶を飲ませてもらいましたが、そんなに美味しくはなかったです。だから茶葉の名前も覚えてません。

さてと、これで買い物も終わりかな。ホテルに戻りました。もういい時間ですね。ちょっと上海火車站前に行って、浦東機場行きのリムジンバス乗り場を下見してきました。朝5時くらいからあるんですね。

さあ、夜は何を食べましょうかね。さすがにカレー星人はもういいや。ちょっと百度地図で検索してみると、ホテルの近くに東北餃子と山東餃子の店があるようです。どちらかに行きましょう。好み的にはやはり東北かな。

ぬほほほほ、うま~

東北餃子のお店に入りました。老板夫妻は老東北ですね。さっそく韭菜大肉と白菜大肉を注文しました。最近は重さで注文する店が減っているのかな、10元で15個とかメニューには書かれています。四象は20元分注文しました。やはり美味い。美味い。美味い。老東北の手工ですねえ。皮がプルんと光っているんですよ。自分で作ると光らないんだなあ。

帰りはまたコンビニでビールを買ってと。あとは部屋でまったりです。明日はもう帰国ですか。もっといろんな場所へ行きたかったなあ。では、おやすみなさい。

icon-tag201613日 上海~日本

最終日の朝になりました。もう帰国するだけです。7時くらいのリムジンバスに乗れば余裕ですかね。ホテルをチェックアウトして上海火車站前まで歩いていきます。リムジンバスに乗って浦東機場へ。

浦東機場までは22元

バスは浦東へ向かって進んでいきます。川沙あたりに入ると霧が濃くなってきましたね。見ている限りでは毒モヤではなさそうなんですが。とりあえず空港に着いたので、朝飯でも食っておきますか。サブが目に入ったので、それでいいや。

たまに食べると美味い

そしてターミナル2の方へ行き、春秋航空のカウンターへ。今回は空いていますね。チェックインまでは10分ほどしかかかりませんでした。荷物をうるさく言われるかなと思っていたのですが、パックとショルダー、どちらとも機内に持ち込んでいいようです。重さは量られましたが10kg弱。カウンターのオネエチャンも「いいわよ」と。まあ、もう1つ手荷物で茶器の入った紙袋もあったんですけどね。

今回は人が少なかった

そして出国審査も終わり、あとは時間を待つだけ。職場へのお土産にパンダチョコレートを買いました。まあ、見たからに不味そうなんですけどね。普通の人の中国に対するイメージはパンダですから、これでいいでしょう。空港内ですから、めちゃ高いですけどね。

ロウソクじゃないの

さてと時刻通りに搭乗が始まったんですが、LCCなのでボーディングブリッジじゃないですよ。バスに乗って飛行機のところまで移動です。これがまた遠い。最果ての地まで移動したんじゃないかと。途中、部品が外された機材が何機も停泊していましたし。

そしてやっと搭乗する飛行機のところに。でもなかなかバスの扉が開きません。しばらくするとスタッフがマイクでアナウンス。「濃霧のためフライト時間が遅れます。長くなるので一度戻ります」と。あゝ、やっぱりですか。もう好きにしてくれです。前に立っていた日本人のオジサンは中国語がわからないようで、状況が把握できていないよう。四象が理由を説明しました。

そして逆戻り。それからしばらくすると霧も晴れてきたようです。遅れた飛行機の乗客が少しずつ搭乗していっています。四象は日本人のオジサンと一緒におしゃべりをして待ちました。なかなか搭乗が始まりませんね。

そして2時間遅れて、やっと搭乗開始。またバスで最果ての地まで。そして飛行機が動き出しましたが、飛ぶまでさらに1時間。もう3時間遅れましたね。やはり浦東は混雑してますからね。名古屋に着いてから、バスで金沢へ戻るつもりでしたが、そのバスの予約もキャンセル。もう、最後の最後でツイてませんね。

春秋航空のA320

午後5時、やっと名古屋の中部セントレアに到着しました。名鉄で名古屋駅まで行き、そこからJRにしましょうか。そしてまたJRの特急が遅れましたよ。先行列車が鹿と衝突したとかで。そして次はすぐに踏切故障とか。もう好きにして。

まあ、そんなこんなで無事に帰宅。今回は短い年末年始の休みでしたが、遺跡巡りの旅を楽しんできました。次はゴールデンウィークですかね。陝西省あたりを狙ってみましょう。それでは、今回はこれで。

icon-check気に入ったらポチっ!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0にほんブログ村Share on Google+0

この記事を書いた人

四象八牛
四象八牛三国志旅游局日本局長