局長の四象八牛です。

やっぱり旅はいいですね。旅が終わるとすぐに次の旅のことを考えてしまいます。いや、終わる前から考えているような。去年は「台湾へも行きたい。」と言っていましたが、気がついてみると行き先は大陸になっているわけでして。もうバカに磨きがかかり過ぎて、困っています。

先週ですが、9月の連休にも三国志遺跡巡りをしようと、航空券を買ってしまいました。今回は春秋航空を利用します。関空と中国内陸都市を結ぶ路線が増えて、三国志遺跡を巡る者にとっては嬉しい限りです。春秋航空に乗るのは初なんですよね。今までLCCでは、香港エクスプレスとピーチくらいにしか乗ったことがありません。

ちなみに、19日の関空重慶便と27日の鄭州関空便で37,940円(諸費用込み)でした。春秋航空って999セールとかやっているんですよね。そのときに買えばもっと安くなるのかな。まあ、不確定要素もあるので、比較的安いときに買ってしまいましたよ。

今回の旅のルートは、まだしっかり決めているわけではないのですが、重慶から湖北河南と回ってみるつもりです。もうしばらく、まだ見ぬ三国志遺跡がないかネットで情報収集したいと思っています。

他の方の旅行記を読んで思うのですが、楽しそうな旅をしているなと。四象の目的は、いかに効率的にたくさんの三国志遺跡を訪れるかになってしまっているような気がします。まあ、それはそれで計画を立てる楽しみがあるのですが。でも四象が「曹操様~。」って、三国志遺跡を巡っていたら気持ち悪いですよね。

せっかく河南を訪れるので、許昌支局の開封太郎先生にも会いたいと思っているのですが、「白酒も飲まなくなった腑抜けには会えぬ。」と言われそう。どちらにしても今から楽しみです。

icon-check気に入ったらポチっ!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0にほんブログ村Share on Google+0

この記事を書いた人

四象八牛
四象八牛三国志旅游局日本局長