局長の四象八牛です。

いつものごとく、ダラダラと書いてきた5月の旅日記も今回で最終回です。今日は朝方に其之七を書きましたが、続けて其之八を書きたいと思います。

icon-tag201559日 中山~香港

今回の旅で初日に回った中山。訪れたい場所が多かったのと、あまりの暑さにバテてしまい、いくつか行けなかった場所がありました。そのリベンジのために戻ってきましたよ。

この日は夜までに香港空港へ行けばいいので、時間にはちょっと余裕があります。朝もゆっくりとしてから出発です。まずはマクドで朝食を。外を歩くとやっぱりちょっと蒸し暑い感じがしますねえ。これからもっと暑くなっていくのですが。

さあ、まずは前回中に入られなかった南下武侯廟へ行ってみます。前回は夕方近くに訪れたので門が閉まっていました。朝方ならもしかしたら開いているかもと思いったのです。ホテルからは近かったので、歩いてきました。そして到着。お、思った通り門が開いています。中にオバチャンたちがいました。挨拶をして中に入りました。

武侯廟なので南陽

ここには金ピカの孔明像が。でもなんだか南方系の顔をしたちょっと変な感じです。その横には金ピカのサルのような像。これも羽扇を持っているので孔明像なんでしょうか。まあ、せっかくの武侯廟なので中に入って孔明像を拝みたい。その願いは叶いましたよ。

なんだかちょっとサルっぽい

お次は大環村にある華佗廟へ行きます。華佗山公園に小高い山があって、そこに華佗廟があるのです。前回は暑さでバテていたため、山登りの嫌いな四象はあっさり諦めてしまいました。街中からBRTに乗って華佗山公園の近くまで行きました。

公園に到着してしばらくすると雷鳴が。そして雨が降ってきました。傘を持っていないので、しばらく雨宿りです。雨が小降りになってから華佗山に登っていきます。階段の途中に華佗像がありました。

華佗山公園の階段

華佗廟までは道しるべがあり、特に迷うこともなく進んでいきます。それでも遊歩道のアップダウンがきつかったです。また汗が噴き出てきました。そしてやっと華佗廟に到着です。ここはちょっと歴史がありそうな佇まいですな。

華佗廟に到達

中に入ると地元の人民じいちゃんがいます。「こっちに来て座りなさい。」と声を掛けられたので、言われたとおり座りました。「この華佗廟は広東省でただ一つしかないんだよ。」とか雑談が続きます。そしてやっぱり出てきましたよ、本題が。「どうだ、ちょっとお布施をしていったら。」とのこと。本来なら四象はこの手のお布施は大嫌いなので無視するのですが、今回は言われたままにお布施することにしました。

記帳簿に名前と金額を記すのですが、見てみると中国人たちはけっこうな額を出しています。四象はもう人民元をあまり持っていなかったので、「現金があまりないから100元でいいかな。」と聞きました。もちろん金額はいくらでもいいので大丈夫なんですが。ご丁寧にポチ袋まで用意されていましたよ。

まあ、ここでケチって立ち去るより、少しでも出しておけば写真を撮ったりしても咎められないだろうと思ったからです。その後は、建物にある対聯なども教えて貰い、華佗像の写真もしっかり撮らせてもらいました。貧乏人の四象が珍しく大枚をはたきましたからね。

華佗先生

華佗廟からちょっと降ると、大環村に入りました。ああ、こっちから来れば階段を登ったり降りたりしなくてよかったんだ。しかし、すでに遅し。

大環村の入口

さてさて、次はまた張家辺へ行きます。前回、ここの武侯廟を探したのですが見つからず。もう一度チャレンジしてみます。張家辺は広いので二村を中心に路地をくまなく探してみました。しかし見つからず。お店をやっている人は外地から来た人で、聞いても知らないし、地元の老人なら知っているかもしれないけれど、普通話がほとんど通じないし。今回は諦めるしかないのかな。暑くて喉が渇いたので、商店で冷たいビールを買って飲み干しました。うま~。

さあ、今回の三国志遺跡訪問はこれにて終了。これから香港へ向かいます。まずは中山港へ行きました。そこから香港尖沙咀にある中港城へ行くフェリーが出ています。香港空港へ直接行くフェリーもあるのですが、フライト当日しか乗船できないらしいです。中港城までは185元です。けっこう高いなあ。

中山港のターミナル

チケットを買いました

ここで出国審査を終えて、フェリーに乗り込みます。1時間半ほどで中港城に到着です。けっこう乗客も多かったですよ。そして中港城のイミグレで香港に入りました。

船に乗り込みます

香港へ

さてさて、飯を食いたいんだけど、手持ちの香港ドルが少ない。歩いて重慶大厦まで行きました。ここで両替をします。いくつかの両替所を見て回ったのですが、日本円を香港ドルに両替するレートはだいたい同じでした。JPY10,000がHKD644で、5,000円を両替しました。街中にある両替所だと、酷いところはHKD520とか、よくてもHKD600を超えているところはなく。重慶大厦だと為替レートの中間値に近かったので、お得感がありましたね。

そしてHKD200をオクトパスカードにチャージしました。バスに乗ったりするのに、ぴったり小銭が用意できないことが多いので、オクトパスがあると便利です。コンビニや自動販売機とかでも使えますしね。

さあ、飯です。お金がないので、吉牛にしました。メニューで巨丼が気になったので、それにしました。HKD50.5です。飲み物は味噌汁ではなくコーラ。もちろん味噌汁も頼めますけど、やっぱソフトドリンクを頼む人が多いみたいです。香港の吉牛って汁がちょっと少ないような。つゆだくとか頼めばやって貰えるのかな。

吉牛を食べます

その後はちょっと尖沙咀をうろつきました。それにしても人が多い。そして人種も多様で。街中で見かけた、大きなマスクで顔を覆った女性二人組、やっぱり日本人でした。別にマスクをするのが悪いと言うわけではないのですが、ちょっと異様な雰囲気でしたよ。

しばらくして、また雨が降り出しました。もういい時間なので香港空港へ行くことにします。バスに乗りこみました。途中から巨大な荷物を抱えた人たちがたくさん乗ってきました。さすがに空港行きのバスですね。

香港空港に到着。ここで久々にtwitterなどにアクセスできました。ベンチで一晩明かせば帰国です。セブンでビールなどを買って、いい気分になってきたところで寝ることにします。今回はちょっと体を伸ばせる、肘掛けの少ないベンチを探しました。ベンチで寝ている人は多いですからね。寝やすいベンチは競争率が高いです。

さあ、おやすみなさいです。

icon-tag2015510日 香港~日本

日本へ帰国する日になりました。朝6時半ころに香港エクスプレスのカウンターでチェックイン。やはり荷物の重量チェックがありました。まあ、7kg以下に抑えていたので、すんなりクリアーです。そして飛行機に乗り込みます。今回の機材は「蝦餃」でした。

香港エクスプレス「蝦餃」

UO686 香港(09:30) – 大阪関西(13:55)

そして無事に関西空港に到着です。JRで大阪駅、そこからサンダーバードで田舎へ帰ります。京都線で人身事故があったらしく、列車が遅れるというアナウンスがありましたが、10分ほどの遅れで済みました。そして金沢に着いて列車を降りると、さ、さ、寒いっす。

さらに列車を乗り継いで田舎に到着。さ、さ、寒い。凍えそう。香港では気温が30度を超えていたのに、田舎に戻ったときは10度台の前半でした。いやはや。

今回の旅では三国志遺跡17ヶ所に到達。これで合計478ヶ所となりました。まあ、遺跡といいながらも廟などが多かったのですが、それはまあ、ゴニョゴニョ。

いやあ、やっぱり旅はいいですねえ。できることなら一生旅をしていたいです。次は9月の連休にと考えています。それでは、またいずれ。ご閲読ありがとうアルネ。

icon-check気に入ったらポチっ!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0にほんブログ村Share on Google+0

この記事を書いた人

四象八牛
四象八牛三国志旅游局日本局長