局長の四象八牛です。

やっと書き始めた旅日記ですので、続けていきましょう。ブログの画像はスマホで撮影したものです。ズームが効かない機種なので、被写体が小さくて見にくいかもしれません。大きなカメラで撮ったのは、画像処理が面倒なので使っていません。

icon-tag20141228日 中山~台山

さて三国志遺跡不毛の地とも思われる広東省、なぜそんな場所へわざわざ来たのでしょうか。実は以前、四川成都武侯祠を訪れたときに、中国全土の武侯祠が紹介された写真パネルがあったのです。その中に南下武侯祠が紹介されていました。それを調べていくうちに広東省中山にあることがわかり、さらに中山には幾つもの武侯廟が存在することもわかったのです。

朝起きると、外はまだ雨。それでも時間がないのでホテルをチェックアウトし、さっそく武侯廟巡りを開始することにしました。まずは街からちょっと離れた南朗鎮にある武侯廟へ。スマホの百度地図を使ってバスのルートを検索、すぐ近くまで行くバスがありました。それに乗って南朗の北側にある欄辺へ。情報に拠れば、赤坎来賢里にあるとのこと。それほど大きな村ではないので、歩いているうちに見つかりました。

一つめは来賢里武侯廟。来賢里の「里」は、北京で言えば「胡同」、上海で言えば「弄」でしょうか。全国的には「巷」がよく使われているのかもしれませんね。この武侯廟は一間ほどしかない小さな廟です。扉は開けられており、中は真っ暗でしたが、ちゃんと孔明像がられ祭られていました。廟を訪れて一番困るのは施錠されていること。せっかく訪れたのに中を見られないということです。

来賢里武侯廟

お次は崖口村へ。ネットにはここにも武侯廟があるとのこと。崖口村の入口までバスで移動。そこから徒歩で向かいました。村人に聞いてみると「ああ、あるよ。あっちだ。」との答えが多かったので期待していたのですが…。村にはたくさんの廟が並ぶ場所があったのですが、そこには武侯廟はなく。中国ネットのガセ情報に引っ掛かってしまいました。これで時間をかなり無駄にしてしまいます。

気を取り直して、次は桂南へ行くことに。一度街へ戻らないとダメかなと思っていましたが、百度地図で検索すると直接行けるバスがあったので、そのバスに乗りました。これでちょっと時間を取り戻します。桂南馬渓村には武侯祖廟がありました。なぜ祖廟なのかはわかりませんが、ここにもちゃんと孔明像が祭られています。

馬渓武侯祖廟

さてバスを乗り継いで街まで戻りました。お次は濠頭村へ。ここの武侯廟は百度地図にも載っているので、近くまでバスで行き、徒歩で到達。ここは漢忠武侯廟となっていました。規模的にはやはり小さいのですが、ちゃんと孔明像が祭られています。

馬渓武侯祖廟の孔明像

さあ、どんどんと行きますよ。次はまたバスに乗って北台村へ。この近くの曹辺村中山市の不可移動文物に指定されている武侯廟があります。百度地図で調べていると、なぜか北台村に武侯廟が記されていました。行ってみると真新しい北台武侯廟でした。聞くところによると、ここの一人の人民ばあさんが私財を投じて建築したのだとか。けっこう立派な廟でした。しかし、管理の人民じいさんが無愛想で、「曹辺にも武侯廟があるんでしょう。」と聞いたら、「ある。」とだけしか答えてくれませんでした。

北台武侯祖廟の孔明像

さて、歩いて曹辺村へ。途中出会った人民に聞き込みをし、なんとか曹辺武侯廟に到着。扁額には武侯殿となっていましたが、文物碑は曹辺武侯廟となっていました。ここは扉が開いていなかったのですが、施錠はされておらず。来たからには入りたいが、勝手に入って咎められるのも嫌だし。近くにいた人民に「ここ、入ってもいいのかな。」と聞いてみると、「いいんじゃない。扉も開けられるでしょう。」と人ごとのように。せっかくなので中に入りました。もちろん孔明像が祭られており、その隣にはなぜか華佗像が…。絶妙なチョイスですな。

曹辺武侯祖廟の孔明像

なぜか華佗像も

さてと、五つの武侯廟をまわり、お腹一杯になってきました。もういい時間なので、次の目的地である台山へ向かうことに。中山のバスターミナルへ行き、バスで移動です。ちょっと時間があったので、バスターミナルの二階でマクドを食べました。ついでにPC関連用品の店が並んでいたので、マイクロUSBケーブルを購入。一本10元。

しかし、中山では大ポカをやらかします。中山を訪れるきっかけとなった南下武侯廟を訪れていなかったんです。やってしまいました。後から調べると、中山にはまだ武侯廟があるようだし、近くの珠海にもあるようです。次回、必ずリベンジします。

バスに乗り込み、ウトウトしている間に台山に到着。バスターミナルを出て、ホテルを探します。飛び込みでもいいんですが、目の前にあったホテルをCtripで探し、予約を入れました。予約OKのメッセージが来たので、チェックイン。最近は飛び込みをして、外国人はお断りとされるのが嫌なので、まずCtripで予約してみることにしています。

夕飯はまた牛肉麺店へ。餃子があったので、それを注文。乾餃だと思っていたら、湯餃でした。まあ、これはこれで美味しかったですけど。

ホテルに戻って就寝です。おやすみなさい。

icon-check気に入ったらポチっ!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0にほんブログ村Share on Google+0

この記事を書いた人

四象八牛
四象八牛三国志旅游局日本局長