icon-tag三国志遺跡写真展「蜀漢咽喉・漢中」

古陽平関、菜の花の咲く頃。

今年も神戸新長田・六間道三国志祭に参加し、三国志遺跡写真展を行います。テーマは「蜀漢咽喉・漢中」です。兵家が必ず争うといわれる地、漢中。張魯、馬超、劉備、そして曹操たちも例外ではありませんでした。

icon-clock-o2017年10月29日(日)2017年11月5日(日)11:00-17:00
fa fa-map-marker神戸新長田 六間道五丁目商店街
icon-link三国志のまち、六間道5丁目商店街
icon-twitter-square六間道五丁目商店街@rokkenmichi5

icon-tag三国遺址探訪叢書「蜀漢咽喉・漢中」を販売します

2017年9月30日発行の「蜀漢咽喉・漢中」

2017年9月30日に発行した書籍「蜀漢咽喉・漢中」を販売します。本書では、陝西省漢中市および勉県に存在する三国志遺跡18ヶ所を掲載しています。申し訳ありませんが、お支払には小銭の用意をお願いします。

販売価格:800円

また当日、本書を購入していただいた方を対象に、先着20名にクジを1回引いていただきます。アタリ(予定2本)を引かれた方に、乾隆御筆「寧静致遠」の拓本1枚をプレゼントいたします。ただし、一人で本書を複数冊購入いただいても、クジを引く権利は1回のみとさせていただきます。

icon-tag今年は拓本を販売します

現地の拓本を販売します。

今年は現地で販売されていた「拓本」を販売します。中国では、著名な書家の書を石碑などに刻みます。そしてそれを紙に写し取ったものが拓本です。その価値には大きな差がありますが、手軽な値段で購入できるものもあります。しかし近年は、原碑を保護するために拓本を取ることが制限され、その数は少なくなってきています。

今回販売する拓本です。
1. 「袞雪」(漢中市博物館) 曹操の書と言われています。購入希望があれば用意します。僅少。
2. 「寧静致遠」(陝南武侯祠) 清の乾隆帝の御筆。孔明の「誡子書」にある言葉です。
3. 「前出師表」(陝南武侯祠) 孔明の「前出師表」です。陝南武侯祠にある石碑の拓本です。僅少。
4. 「誡子書」(五丈原諸葛廟) 孔明の「誡子書」です。近代書家による書。僅少。

そのほか、中国郵政が発行した三国演義の切手や、中国語書籍なども少しですが販売します。興味がある方は、お立ち寄りください。

icon-tag今年も神崎暁さんが旅本を頒布します

三国志遺跡巡り旅行記本です。

神崎暁さんicon-twitter-squareが作成された旅本を頒布します。ご本人が来られます。(期日が変更となりましたので、神崎さんは都合により来られませんが、委託されたものを頒布しますので、よろしくお願いします)

三国志遺跡に感動、文化の違いに驚き、メシが美味いと喜ぶ。ときにはささいなトラブルに全力で慌てることもある、そんな旅の記録です。
遺跡だけでなく交通や街の様子なども紹介しています。現地を訪ねる感動と楽しさを伝えたい、行きたい人の背中を後押ししたい、そんな想いで製作しています。
魏・呉・蜀それぞれの名所を巡る旅行記6種、オールカラー写真本2種をご用意しております。三国志遺跡巡りにご興味のある方、ぜひお立ち寄りください。

icon-map-marker神戸新長田・六間道五丁目商店街へは

JR神戸線「新長田駅」下車、南へ徒歩約7分
市営地下鉄・西神山手線「新長田駅」下車、南へ徒歩約7分
市営地下鉄・湾岸線「新長田駅」下車、南へ徒歩約7分
市営地下鉄・湾岸線「駒ケ林駅」下車、徒歩すぐ

六間道五丁目商店街

icon-check気に入ったらポチっ!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0にほんブログ村Share on Google+0