局長の四象八牛です。

2015年9月の旅日記も今回が最終回です。スマホのカメラが調子悪かったので、ぼやけた写真ばかりになってしまいました。レンズのコーティングが剥げていたのが原因のようです。次回はもうちょっときれいに撮られるようにします。

icon-tag2015926日 亳州~鄭州~許昌

この日は列車で許昌まで移動します。亳州から許昌へは直通のバスがあり、そちらの方が所要時間が少ないのですが、やっぱり列車に乗るほうが好きなのです。8時過ぎホテルをチェックアウトして、火車站へ歩いて行きました。そしてまた曹操像とご対面です。

曹丞相告別了

火車站に入り、列車を待ちます。K1238次列車は浙江省温州発で、鄭州が終着です。特に大きな遅れもなく亳州火車站に入ってきました。そして列車に乗り込みます。鄭州までは4時間弱ですね。

K1238次 亳州(09:02) – 鄭州(12:48) 硬座41.5元

そしてだいたい定刻通りに鄭州火車站に到着しました。さすが河南省の省会だけあって、人が多いですね。次の許昌行き列車までもうちょっと時間があるので、李先生へ行きますか。いや、李先生へ行くために列車の時間を調整しているとか。

人混みが激しい鄭州火車站

今回最後の李先生になりますかね。牛肉麺と香魚茄子飯を食べました。まあ、どこで食べても平均的な味です。場所によってはちょっと塩辛かったりするのですが。

ああ、李先生

食後はちょっと火車站周辺をブラブラしました。小物の問屋がたくさん入ったビルがあるので、そこを散策してみました。まあ、特にいいなと思うものはなかったのですが、それなりの需要があるものなんでしょうね。

ショッピングモールなども見てみました。どこも人で一杯ですねえ。何やらロボットのような物が置いてあるなと思ったら、なんちゃってトランスフォーマーですか。中国人はこれが大好きなようです。

これもナンチャッテ

さあ、火車站に戻って列車に乗りますか。許昌の開封太郎先生から召喚がかかっていたので、旅程を圧縮して1日空けたのですよ。まあ、一人じゃいいものを食べられないので、許昌へ行けば開封太郎先生と火鍋を食べに行けますからね。Z53次列車に乗り込みました。許昌までは40分ほどです。

Z53次 鄭州(15:18) – 許昌(16:00) 硬座14.5元

あれ、この列車の座席ちょっと軟らかいです。Z列車なので車両もちょっといいものを使っているようですね。乗客もそれほど多くなく、快適でした。そして許昌火車站に到着です。

許昌に到着です

もう許昌へは何度来たのか忘れました。よく来ていますね。火車站前からバスに乗って、先生の棲家へ行きます。太郎招待所、三国志旅游局の許昌支局です。そして先生が電チャに乗って登場しました。

しばらく太郎招待所で休んだあと、一緒に火鍋を食べに行きます。お店の名前はちょっと忘れてしまいましたが、味はよかったです。久々の火鍋、うまいですねえ。ビールもたくさん飲んでしまいました。そしてネタと言うか、やっぱりというか先生がおもむろに白酒を取り出しましたよ。四象はもう飲めませんから。

火鍋うま~

おもむろに白の悪魔が登場

また先生におごってもらいました。ごちそうさまです。そして太郎招待所へ戻って就寝です。久々にいいものを食べたからなのか、ビールを飲み過ぎたからなのか、お腹の調子がちょっと悪くなり、何度かトイレへ。先生はソファーでゴロ寝していますね。

icon-tag2015927日 許昌~新鄭~日本

さあ、日本へ帰る日です。太郎招待所からほど近い、許昌候機楼へ行きます。先生にはバス停まで送ってもらいました。いつもだいたいここでお別れです。まあ、また会う機会は多いのですけどね。

許昌候機楼から8時半のリムジンバスに乗って、鄭州新鄭機場へ向かいました。40元、約1時間で到着、ちょっと空港内の売店などを見て回ります。お茶の店も多かったのですが、値段が高いです。河南省だと信陽毛尖とかが有名ですね。

鄭州国際機場許昌候機楼

お茶の店。高いよ

そして春秋航空のカウンターでチェックイン。国際線は多くないので、あまり時間もかかりません。これで鄭州から関西空港まで帰ります。中国内陸都市から直接日本へ戻ることができるのは便利ですね。

鄭州空港の国際線はC区

9C8551 鄭州新鄭(12:05) – 大阪関西(16:05)

春秋航空は今回の旅で初利用だったのですが、まあ特に問題もなく普通に乗ることができました。機内で暴れる人民もいなかったですしね。

春秋航空の機体もエアバス

そして関空に到着。あとはJRを乗り継いで自宅まで帰るだけです。これで9月の旅も無事に終了。なんだか列車に乗りに行ったのか、三国志遺跡を探しに行ったのかわからない旅ですが、四象はこんな旅が好きですね。

今回は12306で前もって買っていた鉄路切符、日程短縮のために変更が続きました。でも変更先の列車でも座席が残っていたりと、うまくできたのでよかったと思います。今はスマホがあればいつでも時刻と残り枚数を確認、購入できますから、本当に便利になりましたよ。

日本のお茶は甘くない

次回は年末年始を予定しています。読んでくださった方々、ありがとうございます。

icon-check気に入ったらポチっ!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0にほんブログ村Share on Google+0

この記事を書いた人

四象八牛
四象八牛三国志旅游局日本局長