局長の四象八牛です。

サイトの内容を増やしたいと思い、ちょっと古くなってしまいますが、2014年8月の三国志遺跡巡りの日記を書いていきます。昨年のことですので、細かい部分は忘れてしまっている可能性もありますが、興味がある方は、またお付き合い下さい。

icon-tag201489日 日本

日本に完全帰国してから初めての中国旅になります。やっぱり日本にいても、気がつけば中国へ行ってしまう。もう病気のようなものです。そしてもうライフワークのようになってしまった三国志遺跡巡り、まだ見ぬ遺跡を目指していきます。

今回は、関空から香港エクスプレスで香港へ向かいます。10日の午前1時半のフライトです。そのため、9日の退勤後に、関空まで移動することにします。しかし、強力な台風11号の影響で、酷い目にあってしまいました。

四象の地元からは、まずローカル線に乗って金沢へ出なければなりません。しかし、台風の影響で大雨、このためJRが時刻どおりに運行していないんです。本来ならばJRを乗り継いで、夜中には関空へたどり着けるはずでした。

でも列車が遅れるのはしかたない。なんとか関空までたどり着くよう、頑張ってみましょう。そして、金沢からはサンダーバードに乗って大阪まで。しかし、もう関西空港へ行く列車はありません。困ったなあ。とにかくJRで行けるところまで行くことにします。なんとか日根野まで行き着きました。そこからはもうタクシーで飛ばすしかありません。駅をでると風は多少強かったですが、雨は降っていません。タクシーに乗り込んで、関空まで行って貰いました。5,000円強の出費、痛かったです。

とにかく関空へ到着。チェックインにも間に合いましたよ。フライトの時間までに腹ごしらえをしようと、すき屋へ行きましたが牛丼が準備中で、マクドになってしまいました。なんだか思い通りにならない日でしたね。

icon-tag2014810日 日本~香港~深圳~重慶

さて、出国手続きを済ませました。香港エクスプレスに乗り込みます。あれれ、機材は香港航空ですね。まあ、運営が同じなんでしょう。気にしません。フライト中は寝てました。座席も狭いので、なかなか辛いのですが、ずっと起きていると翌日の行動に影響を与えてしまいますからね。

機材は香港航空でした

UO689 大阪関西(01:35) – 香港(04:35)

早朝に香港空港に到着しました。すぐに深圳へ向かうことにします。まずはバスに乗って沙田まで行きました。沙田からはMTRで落馬洲へ。そして落馬洲から福田口岸を越えて、中国に入国です。ついでにATMを探して、中国銀行の口座に人民元を入金しました。後ほどネットで鉄道の切符を買うためです。人民元は8月上旬に開封太郎先生が遊びに来たので、そのときに両替してもらっています。河南のATMで出金したそうなので、すべて偽札なのだとか。いやいや、そんなことはないですよ。

軍資金です

福田口岸からは地下鉄で深圳北火車站へ向かいました。高速鉄道で武漢まで行き、そこで乗り換えて重慶の方へ行けないかなと思っていたからです。しかし、考えが甘かったです。なめてました。深圳北火車站で切符を買おうとしましたが、すでに売り切れが続出。ダフ屋まで出現している始末です。

さて、どうしよう。中国へ入国してからも、のっけから躓いてしまいました。深圳はとても暑く、汗が噴き出してきます。もう重慶へ行くのを諦めるのか、いやせっかく来たのに。こうなっては背に腹は替えられず、飛行機で飛びますか。地下鉄とバスを乗り継いで深圳機場へ行きました。

深圳機場で重慶行きのチケットを買います。中国南方航空、1割引きで1,150元と諸税。これまたかなりな出費となりました。それでも行けないよりはマシなのか。

CZ3455 深圳宝安(13:10) – 重慶江北(15:00)

そして午後3時過ぎには、重慶機場に到着。軽軌に乗って重慶北火車站まで移動しました。それから中国の携帯電話にチャージ、停止していた中国の携帯電話が蘇りました。これでネットで列車の切符を買ったり、ホテルを予約したりできます。

重慶北火車站

お次はホテル探しです。しかし、中国も夏休みということで、宿泊料金が高騰しています。普段の2倍はあたりまえ。それでも安めのホテルは満室、なかなかいいホテルが見つかりません。Ctripで予約してみましたが、すでに満室だったと連絡が来ます。しかたないので近くの空室のあるホテルを予約して貰いました。1泊246元、3泊するので738元です。これまた思わぬ出費になってしまいました。

なんとかホテルにチェックインしました。そして、ネットで翌日の列車の切符を手配します。重慶から長寿渠県の2ヶ所を日帰りで訪れるつもりです。長寿から重慶に戻る切符だけが買えませんでした。まあ、明日また考えることにしましょう。

そして夕飯。重慶北火車站に美国加州牛肉麺があったので、そこで食べることに。ここは李先生のパクリなのか、メニューも似通っています。牛肉麺と魚香茄子飯を注文、食べてみると意外と美味しい。魚香茄子なんかは四川の料理ですから、重慶あたりでは美味しく作ってあたりまえなのかもしれませんね。

食べ終わって、ついでに翌日の切符を発券して、ホテルへ戻ります。シャワーを浴びて就寝です。なかなかハードな一日になってしまいましたよ。

icon-check気に入ったらポチっ!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0にほんブログ村Share on Google+0

この記事を書いた人

四象八牛
四象八牛三国志旅游局日本局長