局長の四象八牛です。

ちょっと旅日記は一休みして、またデータ通信SIMについて書いておきます。

前回に引き続いて、今回も聯通香港のデータ通信SIMを利用しました。今回、中国での滞在は約2週間、中港7日上網卡では7日間を過ぎると再チャージが必要になるため、今回は30日間使用可能な大中華30日上網卡を利用しました。

この2種類のSIMカード、違いは値段と使用できる期間、地域です。期間内に使用できるデータ通信量は同じ1GB、大中華30日上網卡の方は中国国内と香港に加えて、澳門と台湾でもデータ通信を利用することができます。

前回も書きましたが、このカードの一番のメリットは中国国内でもTwitterやFacebook、Googleのサービスを利用できること。もちろんdocomoなど日本キャリアのSIMで国際ローミングを利用すればアクセスできるのですが、料金が割高ですよね。大中華30日上網卡はHKD199、2016年4月末のレートで計算すると約2,800円です。

ただ利用にはSIMフリーの端末が必要です。またその端末で通信する周波数帯域が香港や中国と同じ周波数帯域を利用できなければなりませんので、気をつけてください。

 icon-link 聯通香港 中港7日1GB上網卡
 icon-link 聯通香港 4G中港7日2GB上網卡
 icon-link 聯通香港 大中華30日1GB上網卡

大中華30日上網卡

日本国内でもAmazonなどで購入することができますので、入手は難しくないと思います。また香港の深水埗あたりでは安く売られているので、もし先に香港へ行くのであれば、現地で購入すれば更にお得に入手できます。

 icon-link Amazon 中港7日1GB上網卡
 icon-link Amazon 4G中港7日2GB上網卡
 icon-link Amazon 大中華30日1GB上網卡

今回は購入後の設定について少しだけ書いておきます。特に難しい作業はありませんが、APNの設定だけはしておくと良いでしょう。

このSIMカードを端末に差し込み、アクティベートするには利用できる地域内で行わなければなりません。中国国内もしくは香港です。大中華30日上網卡なら澳門と台湾でもできます。日本国内ではできません。

以下はアンドロイド端末でのAPN設定方法です。四象のSONY Xperia (Android 5.1.1)でスクリーンショットを撮っていますので、機種に拠っては多少違うかもしれませんが、参考にしてください。

1. 「設定」のアイコンをタップします。

2. 「その他の設定」を選択します。

3. 「モバイルネットワーク」を選択します。

4. 「データローミング」をONにします。
「アクセスポイント名」を選択します。

5. アクセスポイントを追加します。
「名前」を入力します。名前は任意の文字列です。

6. 「APN」を入力します。APNは3gnetです。

7. アクセスポイントを保存します。

8. 作成したAPNを選択します。

簡単ですが、これで電波を拾っていれば、アクティベートされて聯通香港から開通した旨のショートメッセージが中国語と英語で届きます。電波を拾っていなければ暫く待つか、「モバイルネットワーク設定」の「通信事業者」をタップして、電波を捜索してみてください。

聯通香港
閣下儲值卡現已開啟,請記下您的服務號碼: 852********。請新增接入點並設置接入點名稱(APN)為3gnet並開啟數據漫遊功能來上網。查詢:+85221221188香港/+8613068400177中國大陸。

 

またテザリングにも対応していますし、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターなどでも利用できるでしょう。そして利用できる期間、データ通信量が制限に達すると、その旨のショートメッセージが中国語と英語で届きます。

聯通香港
儲值卡852********的流動數據已於**年**月**日到期/使用完畢,如要繼續使用,請於上述日期起計30日內登入hk.chinaunicom.com/tp 增值$150。查詢:+85221221188香港/+8613068400177中國大陸。

 

もしデータ通信量や利用期間が不足するのであれば、期限満了後30日以内に聯通香港のサイトからリチャージすれば、続けて利用することもできます。大中華30日上網卡ならHDK150、中港7日上網卡ならHDK100です。期間内にリチャージしなければ、そのSIMは無効となります。

次回はSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターを導入して、このSIMを利用してみようかなと画策しています。どの機種を選ぶのかは検討中ですが、NECのAterm MR04LNなどがあるようですね。

 icon-link Amazon NEC Aterm MR04LN

icon-check気に入ったらポチっ!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0にほんブログ村Share on Google+0

この記事を書いた人

四象八牛
四象八牛三国志旅游局日本局長